親の声掛けはときに洗脳

 

私の両親が私につけた最初のあだ名、

それは『ブス子ちゃん』でした。

 

なにか病気で顔に発疹ができてブツブツができているのが

可愛かったからそう呼んだらしいのですが。

彼らはとても愛を込めて私のことが可愛くて可愛くて仕方がなくて

『ブス子ちゃん』と呼びます。

 

彼らにとってはこれが正であり、間違っていない愛の形です。

 

今でもその話をすると、「だってかわいかったんだもん」と言います。

そして思い出話として、

幼い兄が「ブスって顔にボツボツのあることでしょ?」と言ったのが、

また可愛かったという話を楽しそうにします。

 

父や母の愛自体はちゃんと愛情なんですが、

あの人たちはそれをやったらどうなるかということをあまり考えていません

 

子供の頃は『ブス子ちゃん』も『子ブタちゃん』も『おデブちゃん』も

呼ばれて親から愛されていると思いますが、

大きくなって言葉の意味を知ってから

自分の中で辻褄が合わなくなります

 

また、無意識下に

そういった言葉を投げかけられることを愛であるという刷り込みがなされるらしく、

可愛いとか綺麗という言葉よりも、デブとかブスという言葉に愛着を感じてしまい、

親近感をもってしまったり、愛されているんだと感じてしまう、

変な思考が出来上がります。

 

そうすると無意識に自分にそういった言葉なげかけてくる相手の方によっていくので

あまりいい思いはしません。

 

なんでしょう、そういった言葉の方が馴染んでしまう。

可愛いとか、綺麗とか、自分に言われてる感じがしない。

 

そういう状態になっていきます。

 

日々繰り返される声掛けというものは、ある種の洗脳だと思います。

 

私の母は一人称に「私達は」という言葉をよく使っていました。

「達」とは私と母のことです。

 

「私たちって甘いものが好きだから」とか、

「私たちって本当に〇〇が好きよね」とか

母が好きなものを毎回毎回「私達は」人称でそう言われると、

自分も好きなのかなとだんだん錯覚していきます。

 

なので例えば、自分の中では「洋裁が好き、得意」だと思ってるのですが、

実はそれは自分の本心の感情と噛み合っていなかった。

 

洋裁が好きで得意なのは母親で、

別に自分好きでなんでもなかった

というものが大人になってから結構大量に出てきました。

 

 

また、母は私の個人的な好みなどの拾い上げをほとんどしなかったので、

私はいったい私が何が本当に好きなのか、

自分で全く理解をしていませんでした。

 

私の両親がしたことは、

『拾い上げをしない+手を伸ばすことを許さない+それを言葉として表現することも許さない』

ですが。正確には。無意識にね。

 

結局、親たちも子供の頃、

自分たちが本当に好きなものを、

拾い上げてもらわなかったし、

手をのばすことを許して貰わなかったし、

それを表現することも許してもらえなくて

 

大人になって親の束縛から逃れて、

お金も稼げるようになって自由になったところで、

でも1人でできるほど精神的に自立ができてなかったので、

子供を精神的な支えにして、

自分を作った、

というのが大人の私の考察です。

 

本来は親が子供が精神的に自立をしていくのを支えて助けなければいけないのだけど、

親が自立をすることを子供が支えるという親子逆転現象が起きてたわけです。

 

でも、結局、親たちも、自分の親たちに食われて、そうなっているので、

一概に親が悪だと責められるかというとそうでもない。

 

じゃあ自分どうするかというと、自分で自分を育てるしかないんです

あきらめて。

 

私は、自立できた(かどうかは怪しいけれど)状態の親からだいぶお金というかたちで食いましたが。

正直、慰謝料だと思ってます。

 

親不孝とか言う言葉はナンセンスです。

 

そもそも、親が不孝をしてるんですから。それも本質の本質では親のせいではないけれど。

 

ただ、連鎖はどこかで断ち切らなければ、次の世代へと続いていくだけなので。

 

私は、親と同じように誰かにぶん投げるのが嫌で、

引きこもってひたすら自分を癒やし、

自分で自分を育てていただけです。

 

私の夢は『人を愛せるようになりたかった』です。

 

本当にロボットだったので。

 

なんだかオズの魔法使いのブリキの木こりのようですね。

 

今は多分、その夢はかなっています。

 

それはRさんのお陰であり、

向日葵ちゃんのお陰であり、

椿ちゃんのお陰であり、

今まで付き合ってくれた恋人のお陰であり、

外の世界で私に関わってくれた全ての人のおかげです。

 

 

ありがとうございます。

読んでいただきありがとうございました。

本当に、感謝します。

 




お友達の『トリケラトプスの見た夢』のとぷすさんが親子逆転現象についてとってもわかりやすい記事を書いてます!!

親子関係の理想像と、、親子の逆転現象のタイミングについて



私も出てきます♪

合わせて読むとより理解が深まると思うので、ぜひぜひ読んでみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://kuunone.com/archives/984/trackback

PAGE TOP